呼吸

 

呼吸法によりキレイになれる理由

呼吸は誰もが意識せずに行うものなので

無意識に働く生命活動ということができます。

呼吸をすることで

体の中の二酸化炭素を吐き出し、酸素を取り入れています。

しかし、呼吸はそれだけでなく自律神経にも大きく

影響を与えているのです。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

交感神経は、緊張している興奮状態のときに優位になります。

その一方、副交感神経は、リラックスしているときに働きます。

お風呂に入ったり、寝るときに優位になるのです。

交感神経が優位に働くときには、浅い呼吸になり、

副交感神経が優位に働くときには、ゆっくりした呼吸になります。

リラックスした際に行うゆっくりした呼吸こそが

キレイになる方法なのです。

ゆっくりした呼吸を行うと、セロトニンというホルモンの分泌が

増進します。するとストレスが緩和し、不安を抑え、

心の安定につながります。

つまり、緊張状態からリラックス状態にさせます。

その結果、体の隅々に酸素を行き渡らせ細胞が活性化されるのです。なおかつ自律神経を整えるので

身体の内側からキレイにしてくれます。

自律神経からくる肌トラブルを防いでくれます

意識した呼吸で綺麗になりましょう

大内兄