正しいシャンプーの仕方

知ってるようで知らない、

できてるようでできていない、

正しいシャンプーの仕方を紹介していきたいと思います。


まずお風呂に入る前にブラッシングをしましょう。

ブラッシングをすることで、頭皮や髪の毛についているホコリや抜けた毛を落とすことができます。

洗っている時に髪が絡まるのを防いだり、血行促進して育毛効果にもつながります。


シャンプー前のすすぎは、

熱いと乾燥に繋がるので、37~38℃のお湯で

1~2分かけてしっかり濡らしましょう。

しっかり流すことで、頭皮や髪表面の汚れを落とすと同時に、摩擦から髪を守る効果もあります。


シャンプーは直接つけず、手で泡立ててから全体に塗布した方がムラなく全体につけられます。

しっかり泡をたてたら、指の腹でマッサージするように頭皮を動かしながらシャンプーしましょう。

爪をたてると傷がつき、トラブルにつながったり、摩擦で髪のダメージにもつながります。


シャンプー後のすすぎは、シャンプーにかけた時間の倍は流しましょう。

すすぎ残しはフケや抜け毛などの頭皮トラブルを招きます。


スタイリング剤がついている時は、泡立ちや毛穴のつまりの原因にもなるので、二度洗いをおすすめします。



正しいシャンプーはできていましたか?


今、そうだすいではマイクロバブルも導入しました。

マイクロバブルとは、水と空気でできたミクロな泡で、毛穴より細かい泡なので毛穴の汚れや臭い、髪のツヤも出ます。


日々のシャンプーがうまくできているか、汚れの確認もできるので、ぜひお試しください。


猿田でした!