スマホ依存症

スマホ依存は「脳疲労」を引き寄せ、悪化すると体の不調にまでつながってしまうのです。

脳疲労に陥ると前頭前野の情報処理機能全体が低下するため、今までやってきたことができなくなったり、実際の生活のパフォーマンスが落ちたりします。


・うっかりミスが増える


・感情コントロールの低下


など思考や感情に関わる支障が出てきます。


自律神経の乱れで身体的な不調も

心身を整えるカギとなる自律神経も乱れるため、多くの人が慢性的な疲れ、頭痛、めまい、不眠、腰痛、冷え、便秘、腹痛といった身体的な不調を伴います。


この状態を放置すれば、かなりの人がうつ病に移行していきます。


脳を休める事が今一番大切です。

そうだすいでは、【フィトセラピーコース】が、お薦めです!


ビューティーアドバイザー森でした。